虎(牛)龍未酉2.1

ただの記録|+n年後のジブンが思い出せますように……

作業ログ|vim (MacVim)-05、ChangeLogメモについて

背景

ChangeLog形式のメモを愛用している。vimでもメモが取れることが重要……なのでいろいろ試した。

  • win時代 2002年ごろ〜2013年
  • macOS時代 2013年〜いま
    • ???
    • CotEditorで書き散らし
    • emacsのorg-capture
    • エディタをvimに変えようかな ← イマココ

やったこと

下記を試した。

  1. glidenote/memolist.vim
  2. fmoralesc/vim-pad
  3. alok/notational-fzf-vim
  4. QFixHowm
  5. ft-changelog-plugin

現時点での感想

QFixHowmがいいかなあ

  • vim-pad

    • pros
      • ファイル名を考えなくて良い
    • cons
      • vim-padのなかで閉じて使っている分には心地よさそうだが、他のツール(unix標準コマンド)と組み合わせることに向いていなさそう
  • notational-fzf-vim

    • pros
      • fzfによる検索は速くて気持ちいい!!!これは捨てがたい
      • fzfによる検索は、ファイル名と内容と両方で検索してくれる
    • cons
      • 新規ファイルを作成するとき、先にファイル名を指定する必要がある
      • もうこれ以上の開発はしないつもりっぽい(十分とも言えるが)
  • memolist.vim

    • pros
      • シンプル、必要かつ十分
      • 分散型メモならこれで良いと思う
    • cons
      • タイトル(ファイル名)を先に決めなければならない
      • ChangeLog型メモには向いていない気がする
  • ft-changelog-plugin

    • pros
    • cons
      • 設定の仕方が悪いのかもしれないが、思い通りに動いてくれない(あまりメンテされていないのか……?)
      • 1日1エントリ前提
  • QFixHowm

    • pros
      • メモ単位を、①ずっと1ファイル ②月ごと1ファイル ③1日1ファイル ④エントリごとに1ファイル などカスタマイズできる→月ごと1ファイルにしたい
      • 1ファイル複数エントリのときのショートカット充実
      • 継続的にメンテがされている
    • cons
      • 検索と、日本語の文字コードがよくわからない(あまり困っていないけど)
      • カスタマイズが必要(細かくできるというメリットでもある)
      • qfix_howm形式と、markdown形式が選べるが、挙動がまだよくわからない

これからやりたいこと

  • QFixHowmを使ってみる。運用してみなわからへんのでねえ……。
  • notation-fzfを検索だけに特化させて使えないかなあ

vimrcの記録

だからgitで履歴管理したいんだけど(ぶつぶつ)。

" vim-pad
" あ、消しちゃった
" memolist.vim {{{2
let g:memolist_path         = expand('~/Dropbox/u/201100_memolist')
let g:memolist_memo_suffix  = 'md'
" let g:memolist_fzf          = 1
nnoremap <Leader>mn  :MemoNew<CR>
" nnoremap <Leader>ml  :exe "CtrlP" g:memolist_path<CR><F5>
nnoremap <Leader>ml  :MemoList<CR>
nnoremap <Leader>mg  :MemoGrep<CR>
" notational-fzf-vim {{{2
let g:nv_search_paths   = [
  \ '~/Documents/MyNotes/201100_nvmd',
  \ '~/Documents/MyNotes/201100_memolist',
  \ '~/Documents/MyNotes/200500_Org',
  \ ]
let g:nv_create_note_window = 'tabedit'
nnoremap <silent> <Leader>nv :NV<CR>
" ft-changelog {{{2
" エントリのフォーマット
" let g:changelog_username = "xx"
" let g:changelog_dateformat = "%Y-%m-%d"
" let g:changelog_new_date_format = "%d  %u\n\n  * %c: \n\n\n"
" let g:changelog_new_entry_format = "  * %c: "
" qfixhorm {{{2
" qfixappにruntimepathを通す
set runtimepath+=~/.vim/vimfiles/pluginjp/qfixapp
" キーマップリーダー
let QFixHowm_Key = 'g'
" howm_dirはファイルを保存したいディレクトリを設定
let howm_dir             = '~/Documents/MyNotes/201100_qfixhowm'
let howm_filename        = '%Y/%m/%Y-%m-%d-%H%M%S.txt'
let howm_fileencoding    = 'utf-8'
let howm_fileformat      = 'unix'
" クイックメモのファイル名(月ごと) 
let QFixHowm_QuickMemoFile = 'Qmem-00-%Y-%m-00-000000.txt'
" QFixHowmのファイルタイプ
let QFixHowm_FileType = 'qfix_memo'
"新規エントリのテンプレート
let QFixHowm_Template = [
  \"= ",
  \"",
  \"%DATE%",
  \"",
  \""
\]
" タイトル記号を # に変更する
" let QFixHowm_Title = '#'
" とりあえず有効にし、なにか問題が起きたら無効化するのをおすすめします
" プレビューや絞り込みをQuickFix/ロケーションリストの両方で有効化(デフォルト:2)
let QFixWin_EnableMode = 1
" QFixHowm/QFixGrepの結果表示にロケーションリストを使用する/しない
let QFix_UseLocationList = 1
" キーコードやマッピングされたキー列が完了するのを待つ時間(ミリ秒)
set timeout timeoutlen=3000 ttimeoutlen=100

リソース(参考サイト)

01.横着プログラミング 第1回: Unixのメモ技術

02.glidenote/memolist.vim

03.fmoralesc/vim-pad

04.alok/notational-fzf-vim

05.QFixHowm - vim用howmプラグイン

06.Vim日本語ドキュメント - チェンジログ(CHANGELOG)

環境

  • MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • macOS Catalina 10.15.7
  • MacVim Custom Version 8.2.1719 (166)