虎(牛)龍未酉2.1

記録帳|+n年後のジブンが思い出せますように……

思考ログ|定期振返り

  • はじめに(コメント)
  • 期間:だいたい、2021年04月〜05月中旬

はじめに(コメント)

なにをやったか(あるいはやらなかったか)、すぐにわからなくなってしまう。主要項目ごとに、定期的に振返るといいよなあとおもったので、書いてみた。

月次ぐらいでやれると、よい振返りになるんだろうなあ。

続きを読む

思考ログ|ゼロループのテツガク

  • はじめに(コメント)
  • 項目(案、および記事化したもの)
  • 無限ループ方向
  • ゆるめの項目(案)

はじめに(コメント)

さいきん(ようやく)気がついたのだけれども、書いてみて(アウトプットしてみて)はじめてわかることも、多いんだなあ。

  • 自分の考えを書いてみて、理解が進む
  • 自分の考えを書いてみて、やっぱり違うなと思う
  • 自分の考えを書いてみて、あまり興味がないことに気がつく

とか。

もう少し一般化すると行動して結果を見てようやく理解するもんなんだな(人間は)。 組立家具の説明書を見てもさっぱりわからないけど、手を動かしてみたらよくわかる、とか。 いま気がついたけど、そういう記事を書いていたw→マニュアルシンドローム(仮称)

ゼロループのテツガクについても、書いてみたらどうだろうかとおもった。

続きを読む

思考ログ|ゼロループの反対

ゼロループの反対は、無限ループ

無限ループの反対が、ゼロループなのかもしれないけれど。

無限ループが、コンピュータのもつ可能性の代表だとすれば、 ゼロループは、人間のもつ可能性をあらわしているのではないかなあ。

コンピュータは、飽きず疲れずなんども同じことを繰り返すことで、その能力をたっぷりと発揮している。

人間は、飽きるし疲れるけれど、初めてのこととか、1回しか起きないことに対応できる。じっさい、繰り返しているつもりでも、毎回少しづつ違ってしまうのが人間ってえものだ。

ゼロループは、無限ループの反対の位置にある。

けれども、ゼロループは、無限ループを否定したり拒否したりするものではない。

無限ループのありがたさを存分に理解して、使わせてもらいつつも、その隙間にあるゼロループにも潜んでいる可能性を、もっと発揮していきたい……というのがゼロループの目付なんじゃないかなあ、と想像している。