虎(牛)龍未酉2.1

ただの記録|+n年後のジブンが思い出せますように……

【記録】MacVimのインストールとvim-anywhere

はじまり

Vimを使おうと殊勝な気持ちを起こした。

  • vim-anywhereをインストールしようと思うと、MacVimが必要
  • 前にMacVimをインストールしているんだけど、どうやってインストールしたか覚えてない(homebrewを使ったのか、dmgでインストールしたのか……)
  • Custom Version 8.0.1633 (KaoriYa 20180324)であることはわかった

作業記録は残しとかなあかんなぁ。

 

調査

$ brew cask install macvim

では

Error: It seems there is already an App at '/Applications/MacVim.app'.

と言われちゃったよ。たぶん、

GitHub - splhack/macvim-kaoriya: MacVim-KaoriYa

から「MacVim + 香り屋さんのパッチ + なるべく日本語化 = 香り屋さんのWindows版の使い勝手に近いMacVim」をインストールしたのだと思う。

 

やったこと

  • Kaoriya版MacVimを使い続けるか(8.0.1633)
  • MacVimの元祖をインストールするか(8.2.1719)

の2択。後者を選択。

Release MacVim Snapshot 166 · macvim-dev/macvim · GitHub

でMacVim.dmgを入手して、インストール。

 

しかし、vim-anywhereを入れようと思うと、dmgからではダメ。

brew cask install macvim

curl -fsSL https://raw.github.com/cknadler/vim-anywhere/master/install | bash

 で。

 

vim-anywhere本家

GitHub - cknadler/vim-anywhere: Use Vim everywhere you've always wanted to

 

日本語での解説

vim-anywhere: Mac/LinuxでどこでもVimを立ち上げてテキスト入力する

 

ただし……

vim-anywhereは、①MacVim起動 ②クリップボードにテキストコピー まで。貼り付けは自分でやらなきゃダメ。

うーむ微妙。Alfredのworkflowとかで、貼り付けまでやってくれるのはないのだろうか。

 

設定について

$ vim --version

とすると、第一設定ファイルは$HOME/.vimrcだが、第二設定ファイルは~/.vim/vimrcだと言うておる。どうやら以前、第二設定の方に書いていたらしい(シンボリックリンクが貼ってある)ので、それを使うことにした。

 

しかしどこまで細かく書くのか、悩ましいね。