【記録】org-journal

org-journalを試してみた記録。(でもやめることにした)

インストール

M-x package-install org-journal でいけるはずなんだけどダメで、 M-x package-list-packagesorg-journal をインストールした。

M-x package-install で指定されているものの日付が古く(202004xx)、 最新版は202005xx(詳しい日付は失念)。

package-install を更新する方法もあるのだと思うが、 調べるのをサボって package-list-packagesお茶を濁す

設定

あんましうまく行ってないのだが書いておきます。

(setq org-journal-dir "~/Dropbox/u/Org/journal/")
(setq org-journal-date-format "%Y-%m-%d, %A")
(setq org-journal-time-format "%R\n\n")
(setq org-journal-file-format "%Y%m%d.org")
;;(setq org-journal-file-type 'monthly)

(setq org-journal-find-file 'find-file)
(setq org-extend-today-until '3)
(global-set-key "\C-cj" 'org-journal-new-entry)
(add-hook 'visual-line-mode-hook
'(lambda()
(setq word-wrap nil)))

;;(defun org-journal-file-header-func ()
;;  "Custom function to create journal header."
;;  (concat
;;   (pcase org-journal-file-type
;;     (`monthly "#+TITLE: Monthly Journal\n#+STARTUP: folded"))))


(setq org-journal-file-header 'org-journal-file-header-func)
(require 'org-journal)

使い方

デフォルトは C-c C-j だが、 org-goto と被るので、 上記の通り設定を変えており、 C-c j で起動。

終わり方は?……と思ったが、そういうことではないらしい。

単に指定のファイルが開いて、今日のエントリが見出しになる。 あとは自分で保存なりなんなり、という世界の様子。

ということなら、やろうとしていることからすると、 org-journalを使う必要はなくて、org-captureをうまく使うのが良さそう。

ということで、org-journalの旅はいったん中断かなあ。 うまいこと、org-captureで狙い通りのことができるように、 がんばる。

やりたいこと(イメージ)

  • org-captureでlog.orgファイルに記録
  • テンプレートを挿入してはてなブログに書き出せるようにする(テンプレートも不要かも)
  • キャプチャでジャーナルに記録する
  • ジャーナルをぱっと開く
  • ジャーナルは、月ごとなど、指定の単位でファイル化する
  • ジャーナルは、指定のフォルダに置ける(iCloudとかがいいのかな?)
  • ジャーナルから、何かをトリガーにしてテキストを抽出する
  • 新エントリを上にしたい

参照サイト

bastibe/org-journal@2020/04/24

モーレツ! Org mode 教室 その8: org-journalで日記を書く@2019/02/25

【emacs】org-journal でライフログっぽいやつ@2020/02/12

Org-modeで、ライフログを録ろう@2015/01/25

追加参照サイト

色々 Org Capture する