【B160】社長の値打ち(長田貴仁)★★

社長の値打ち  「難しい時代」にどうあるべきか (光文社新書)

社長の値打ち 「難しい時代」にどうあるべきか (光文社新書)

  • 目的:経営者育成、がマネジャーの付加価値、われわれの仕事だと思ったので。社長、経営者について自分の考えを引き上げる為。クライアント企業の社長を理解する為。
  • 結果:これは読みやすくおもしろい。社長の条件の最後に「これほど多くの条件を満たさなければ社長になれないのかと思った読者は少なくないと思う。逆に筆者は、これらの条件は、必要最低限の条件であると考えている」と言い切るあたりは確信犯で快し。所詮評論家じゃねえかとも思うところが大半だが、そこは評論家にしか言えないこともあるというふうに解釈することに。
広告を非表示にする