虎(牛)龍未酉2.1

ただの記録|+n年後のジブンが思い出せますように……

作業ログ|Time Machine on macOS Catallinaのトラブルシューティング-02

目次

これまで

MacBook Pro 2020に変えたのはとてもハッピーなんだけど、TimeMachine問題に苦戦している。MacBookを変えたからというより、前から問題があって、そのまま(あるいは深刻化)。

作業ログ|MacBook Pro 2020 - 虎(牛)龍未酉2.1

前にやったこと(再掲)

  • spotlightの検索対象から外す
  • プロセスの優先度を上げた($ sudo sysctl debug.lowpri_throttle_enabled=0
  • 時間をかけて、1回はバックアップを成功させた(たぶん12時間以上)
  • AirMac Time Capsuleの再起動(ディスクチェック)

これでは解決せず。あらたなバックアップを取るたびに、半日コースになる。

今回やったこと

これでも解決せず。 そこでさらに……

なお、現状はだいたい、130MBで20分、350MBで40分。500MBを超えると1時間で終わらないということ。これでは日常的なバックアップツールとしては使えない。転送レートも0.1 - 0.5 MB/s(最低5.0 MB/sぐらいは必要とのこと)。

ポイントまとめ

Time Machineで問題が起きるのは

  • 初回バックアップ
  • 2回目以降バックアップ
  • データ復元

2回目以降バックアップで問題が起きるフェーズは、3種類に分けられる

  • 「準備中」フェーズ
  • コピーフェーズ
  • 「終了」フェーズ

T2M2とUlbowでログを読んで、コピー(2回目以降)に問題があることがわかった。

  • 準備PHにも多少問題があるが、根本原因はコピーと同じっぽい
  • 終了PHにも大きな問題があるが、根本原因はコピーと同じであろう

また、コピーフェーズを分解すると、うちはTime Capsuleを使っているので、

  • バックアップ対象が大きすぎる
    • ちなみに「システムファイルとシステムアプリケーションを外す」オプションもあるが、初回バックアップ以外に影響はない(ログを見ても、たしかにその通り)
  • コピーが遅い
    • ネットワーク速度の問題
    • ディスクに問題がある
    • 仮想ディスク(backupbandle / spasebundle)のなかに問題がある

ネットワーク速度は問題ない(5GHzにつなぐとかなり速くなったが)。

ディスク自体は、Time Capsuleの標準機能で検証したし、option+メニューでも検証したし、問題ないと思う。

仮想ディスクのなかの検証が必要そう。

今後やろうと思っていること

  • 仮想ディスクのなかのディスクチェック
    • どうやってやるのかから調査だね
  • Time Capsuleの初期化

参考リンク

Mac Troubleshooting SummaryのTime Machine problemsセクション T2M2, Ulbow, Consolation and log utilities