【11B007】宇宙スイッチ(ジョー・ヴィターレ)

宇宙スイッチ

宇宙スイッチ

餓鬼道⇔中心から生まれてくる願望を尊重する、自分だけでなく人のために、わたしがやりたい素晴らしいことを考えよう

「自分が何を求めているかわからないという人にどんな忠告をしますか?」
「あなたは嘘をついている、と答えます」
自分が求めていることを、ほんとうは知っている。
「認めるのが怖いだけ。認めてしまえば、実現できずにいるという事実を認めざるを得なくなる。認めてしまえば、欲しいものを手に入れるために行動を起こすか、やらないことの言い訳をするか、選ばなければならない。どちらにしても落ち着かなくなる。嘘をつくのは、自分が危険を冒したくないから」
今、この瞬間が、認めるとき。

身体に語らせる方法。
右手の親指と人さし指で、左手の親指と小指に触れる。右手の親指は左手の親指の上に。右手の人さし指は左手の小指の上に。右手はくっつけようとし、左手は抵抗させる。

信念の上位10項目
1)自分は人に愛されるほど素晴らしい人間ではない
2)何をしていても、ほかのことをやるべきだったと後悔してしまう
3)まだ起きていないなら、これからもけっして起こることはないだろう
4)自分がどんな人間か気づかれてしまったら、人に嫌われてしまうだろう
5)自分が何をしたいのかわからない
6)自分は人を怒らせてしまう
7)セックスは不潔で汚いものだ。愛する人のために守らなくてはいけない
8)願望など抱かないほうがいい。高望みさえしなければ傷つくこともない
9)失敗したらしばらく気分が悪くなり、再び挑戦するのが怖くなってしまう
10)もう成果を出していなければならなかったのに

「使えば使うほど、お金が増えていく」という信念を持っている。

クリアリングメソッド
2枚の紙を用意する。
1枚目の紙に、現在置かれている否定的な状況を書く。現状をありのままに説明し、状況に対して抱いている感情をじっくり味わう。
気分が悪くなるだろうが、その感情を味わう。自分の感情がふつふつと湧き上がってくるようにする。
1枚目の紙は脇にどける。
2枚目の紙に、現状をどのように変えていきたいか、あますところなく書く。欲しいもの、やりたいこと、なりたいものを書きながら、愉快な気持ちになる。実際に、素晴らしいエネルギーに浸る。
書きながら、かなえられたときの気持ちを感じる。前向きな感情に実際どっぷりと浸り、うっとりする。
浸ってうっとりすればするほど、早く実現する。
1枚目の紙にざっと目を通し、燃やす。
2枚目の紙は折りたたみ、1週間持ち歩く。
障害がまた出てきたら、同じ作業をやる。

ネヴィル化、かならず実現したときの感情を事前に味わっておかなくてはいけない。
脚本化。気持ちを味わい、その感情に浸る。

執着せずに求める。意思を述べた後は、幸せな気分でいるときに天は活発に働く。
内面にある静かな場所から生まれてくる流れに乗るとき、願望が達成される確率は高くなる。
心が穏やかになれば、穏やかな環境も引き寄せられてくる。

 

広告を非表示にする