虎(牛)龍未酉2.1

記録帳|+n年後のジブンが思い出せますように……

思考ログ|テニスをゲームにすることについて


はじめに(コメント)

テニスのゲームは、自分的にはバーチャテニス3が最高峰。その理由を考えた。細かい論証は省きつつ、思考の流れを記録する。

自分的ではないけど、Metacriticのスコアでも、バーチャテニスのスコアを、新しいテニスゲームはなかなか越えられない(マリオテニスを除く)。

最近のテニスゲームは大きく分けると

3方向に分類される。お手軽方面、マリオテニス方面、シミュレータ方面である。

お手軽方面は、今回は外す。

マリオテニス方面

マリオテニスがなにを抽象化しているかといえば、「ラリーがつながる楽しさ」。ネットを挟んで、球を打ち合うことが、まずはうれしいもの。

リアルテニスでも、だんだん上手くなって、ラリーがつながると、純粋にたのしい。

とはいえ、ラリーがずっとつながっているとゲームにならない。そこで、必殺技であったり、スピン・スライス・フラットの打ち分けといった要素が追加されていく。

ゲームが上達していったときに、どこへ向かうか。必殺技はオフにして、スピン・スライス・フラット(+ドロップショット・ロブ)の3すくみ。

ゲームとしてはおもしろいかもしれないけど、「テニスに求める抽象化」は3すくみじゃないなとおもってしまうのだ。

ちなみにマリオテニスはわりと初期からやっている。64はやってないけど、GBCGCGBA3DS。やってないのは、64とWii U、Switchか。好きなんやん。

シミュレータ方面(リアル方面)

さいきんのテニスゲームのメインストリーム(とおもわれる)のは、シミュレータ方面。

たぶんシミュレータをつくることが目的で、ゲームは二の次ではないかとおもうぐらい。ものすごくよくできている一方で、ゲームとしてのおもしろさや遊びやすさは不安定。

売れてるハードのSwitchでいえば、AO Tennis 2がMetacriticで健闘しているけど、スコアは65(黄色)。

www.metacritic.com

やってみたところ、ほんとうによくできていると思う一方で

  • 読込が遅い
  • 難易度が難しすぎる(もしくは簡単すぎる)
  • 有名選手がいない

といった致命的な欠陥を抱えている。

なぜシミュレータはゲームとして不安定なのか?

そもそも(リアルの)テニスというゲームが、不安定だからだとおもう。

  • だいたいの試合は、片方が圧勝する。
  • 接戦の試合(名勝負)は、ほんの数ポイントで結果が左右される。

そもそもサーバ側が圧倒的に有利で、いちど離されると追いつけない。競った場合は、けっきょくタイブレークの2ポイントで決まる、みたいな世界で。

このリアルテニスから、見世物としてのおもしろさではなく、「ゲームとしてのおもしろさ」を抽象化することが、なかなか難しいのではないかとニラんでいる。

バーチャテニス3最高

という背景があって、

  • 有名選手を動かせて(これはこれですごいことだが)
  • スーパーショットを打てて
  • 接戦(ぽい錯覚)を味わえる

バーチャテニス3が最高峰という結論になるのだった。

これからのテニスゲーム(予測)

リアルシミュレータの精度が安定したあかつきには、

  • 難易度を柔軟に(試合状況に応じて)変更するアルゴリズムがあって
  • 歴代レジェンドプレイヤー(の最盛期)を動かせて
  • 読込の速い

ゲームになるのではないかと予想する。

ジョコビッチvsサンプラス とか ナダルvsアガシ とかの対戦で、シーソーゲームではらはらしながら遊んでみたいじゃないですか。

リンク

余談

テニスのゲームでわりとやったのは

以外だと、