【メモメモ】命名規則(脱初心者のJavaScript力を底上げするための本より)

『脱初心者のJavaScript力を底上げするための本』から、命名規則について抜書き。

 

■変数:lowerCamelCase、名詞から始める

  • ループカウンタに限り、i, j, kなどを使用
  • クラスのprivateメンバの先頭には"_"をつける

var count = 1;

var myName = 'shiro';

var finish = false;

 

■関数、メソッド:lowerCamelCase、動詞から始める

  • 動詞+名詞の形式にするのが一般的
  • クラスのprivateメンバの先頭には"_"をつける

function getDate() {

    // 略

}

function isFinish() {

    // 略

}

 

■引数:lowerCamelCase、名詞から始める

  • 省略可能な引数は"opt_"から始める
  • 可変長の引数を取る場合は最後の引数を"var_args"とする(ES2015より使われなくなりつつある)

function setBookData(title, price, opt_author) {

    // 略

}

 

■定数:全て大文字で、"_"で区切る(スネーク記法)

const MAX_VALUE = 1000;

const BOOK_AUTHOR = '山田太郎';

 

■コンストラクタ:UpperCamelCase(PascalCase)、通常は名詞

function Book(title) {

    this.title = title;

}

 

Book.prototype.getTitle = function() {

    return this.title;

}

 

var myBook = new Book('シローの本');

 

 

 

広告を非表示にする