【11B139】翔ぶが如く巻10(司馬遼太郎)

翔ぶが如く〈10〉 (文春文庫)

翔ぶが如く〈10〉 (文春文庫)


よーやく読了
最大の成果は、鹿児島の縦走は、薩軍の訓練の一環であったことがわかったこと。
イエイエばかにしているのではなくて、大久保利通はこういう世の中にしたかったんだろうか、ということをしみじみじみじみじみじみと毎日のように考えています。

 

広告を非表示にする