週末メモ(平等院鳳凰堂/三星園上林三入本店)

 
土曜の午前は、王子とモーニング。行きも帰りも店内も、ずっとドラクエの話を聞いてました。
午後は「ほな平等院鳳凰堂いこか?」と唐突に。知らなかったけどいろいろ改修されていたのねん。
もう15年ぶりぐらいではないかと。日本庭園についての基礎の基礎ぐらいわかるようになって見るとまたいいもんですねえ。(いつかはじぶんの枯山水庭園!)
 
ほんで、お腹が空いたので、参道(?)をふらりふらりと歩き、導かれるようにして三星園上林三入本店へ。
創業天正年間、将軍家御用御茶師。ここの家紋が地図の茶畑マークになったとかいう由緒正しきお店で、まあ美味しいのなんのって。
2階に上がれば、伊達政宗公からの「お前のところの茶はうまいのう!(意訳)」という手紙も飾ってありました。
予約すれば、お茶を挽いて抹茶を立てるのをやらせてくれるそうで(ひとり840円)、誰か京都に来たときのお勧めスポットで確定。家で楽しむためのお抹茶も一缶買って帰りましたヨ。
 
「宇治散歩」http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ippin-mura/diary/detail/201103050000/
 
御縁にゆだねると、ほんとうにすごい出会いがあるものです。
 

広告を非表示にする