【10B034】孫正義 世界20億人覇権の野望(大下英治)★

孫正義 世界20億人覇権の野望

孫正義 世界20億人覇権の野望

1)孫の二乗の法則
2)電通の鬼十則

科学的な人は多い。しかし科学的な人にはリスクテーキングができない人が多い。博打を打つことができて、なおかつリスクの瀬踏みをする。経営のポイントはそこにある。(P237)

政府は何かしらの手を打ってくるかもしれない。しかし、政府ばかりに期待していると、うまくいかない責任を政府のせいばかりにしてしまう。孫正義が強調したのは、経営者の情熱、自分の責任感、そして、明確な方向性。この三つであった。 (P356)

人事権を云々する前に、仕事のなかで振り落とされる。残るべくして残るものが、残っている。自然淘汰できる。それがソフトバンクの強みである。 (P371)

釤電通の経営戦略はシンプルで、全張り戦略なので、どこをどう攻めていくかといった戦略戦術を練ることはない。「全てのところでナンバーワンになれ」経営陣はそう旗振りをしているだけでいい。釤 (P377)

広告を非表示にする