将棋

  • 囲碁に続き将棋をはじめた龍。
    • プリントアウト→台紙貼付け→切り抜きで手作り将棋盤&駒を作ってみたが、実用的でないことがわかった。
    • というわけで将棋盤をさっそく買ってきた。
    • 駒の動かし方を、紙を見ながらなんとかわかるというレベルまできた。覚えてはいない。
    • 最初に並べるのも、四苦八苦している状態。漢字が難しいらしい。
    • 飛・角・桂馬・香落ちで、後半、指導が入って、なんとかお父さんに勝つレベル。
    • ごく簡単な1手詰めを、試行錯誤すれば解ける。
  • 今後
    • 実践、詰将棋棋譜並べ(鑑賞)に尽きると思われ。
    • 興味の続くようにハードルの高さのコントロールが必要。
  • その他
    • 龍は、将棋をやると「シカマルのように頭が良くなる」と思っているらしい(ナルトのシカマル)。
    • 亜は、小学校の将棋トーナメントで3位になったことがあるらしい。十何年いっしょにいて、将棋ができることもろくに知らなかったし、強かったことも知らなかった。認知の盲点って、あるもんだなあ!
広告を非表示にする